消費者金融でお金を借りる条件とは?

消費者金融でお金を借りる条件とは?

貸金業法が改正され、消費者金融からお金借りるときには総量規制というものがあります。総量規制とは、個人が貸金業から借り入れができる金額を制限しているものです。そのため、申込者は自分の年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。総量規制の対象は貸金業者全体なので、クレジットカードのキャッシング枠もそれにあたります。一方で銀行カードローンや、住宅ローンなどは対象とはなっていません。
たとえば、年収300万円ある人の場合、総量規制に基づき、貸金業からの借り入れることができる上限は3分の1である100万円になります。A社から30万円、B社から30万円、C社から30万円、クレジットカードのキャッシング枠で10万円の借り入れがあるとすれば合計100万円となり、総量規制の上限に達していることになります。このように融資限度額は、その範囲を自由に借入することができる範囲となっています。しかし、この融資限度額は、消費者金融の審査により判断されます。貸金業法では年収の3分の1までの借り入れまでの限度額が許されていますが、もし消費者金融が申込者の属性審査をし、返済能力が弱いと判断するなら年収の3分の1以下の借り入れしかできない場合もあるでしょう。このように総量規制では原則として本人の収入を対象としています。なので、収入がない、つまり年収がない主婦は消費者金融からの借入をすることはできません。しかし、パートなどで何らかの収入がある主婦は借入をすることが可能です。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら